山頂でタバコ吸ってる人は山に何しにきてるの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:yagi-renta:20160629162141j:plain

先日高尾山に登りました。

 

僕は田舎の高知出身です。

なので部活の練習などで山に登ることはよくあったのですがいわゆる観光地である山に登るのは初めての体験で人の多さに本当にびっくりしました。

f:id:yagi-renta:20160629171557j:plain

 

観光地なので整備された道。

f:id:yagi-renta:20160629172512j:plain

 

山っぽさがないなぁと思って進むと少しずつ山らしくなってきた。

f:id:yagi-renta:20160629171612j:plain

 

東京にもこんな場所があるんだなぁと和みながら進んでいました。

f:id:yagi-renta:20160629171629j:plain

 

いよいよ山頂

1時間ちょっとくらい登ると山頂に到着。

山頂の空気を吸おうと大きく息を吸うとなんだか臭い。

タバコの臭いだ。

 

山頂にあるベンチに座って何人もの人がタバコをふかしている。

とても驚いた。

 

なぜ山頂で?

別に僕はタバコが嫌いなわけじゃない。

ちゃんと人に気をくばって吸っている人だってたくさんいる。

 

でも山頂で吸うのはおかしくないか?

自然を楽しみに来たんじゃないの?

緑を見に来たんじゃないの?

わざわざ苦労してタバコ吸いに来たの?

 

まあ百歩譲ってそういう山の楽しみ方もあるって考えよう(ないけど)

そうだとしても山を、緑を楽しみに来た人はどうなるの?

新鮮な空気を吸おうと思っても、その空気は今まさにあなたたちが撒き散らした煙で汚されてる。

あなたたちがタバコを吸うがために嫌がってる人はたくさんいるよ。

 

しかも態度が

登山を終えて疲れたから座りたい人もいるだろうし、ゆっくりご飯を食べたい人もいるだろう。

そんな山を楽しみに来た人のためにベンチはある。

 

そこを占領して、バカ騒ぎして、タバコを吸うやつら。

本当にひどい。

何考えてんだ。

何も考えてないんだろうな。

 

喫煙について

さっき言ったように周りに気を配ってタバコを吸っている喫煙者も多くいる。

 

でも一部のバカなやつらのせいでやっぱり喫煙者のイメージは悪くなってしまう。

 

配慮している喫煙者の人たちは隠れて吸っているからあまり目につかない。

逆に歩きタバコなどをするマナーの悪い人たちは嫌というほど目についてしまう。

 

せっかくの配慮も台無しになってしまう。

喫煙者の肩身は狭くなる一方だ。

 

まとめ

気をつかってタバコを吸っている人には逆に好感を持ってしまうのは僕だけかな。

 

でも喫煙者と聞いて思い浮かぶのはマナーの悪いやつら。

平気で無関係な人の肺を汚すやつら。

 

こうなってしまうとタバコは悪いもので喫煙者はいなくなるべきだと思ってしまう。

 

どうにかならないかなぁ。