【インドの国技】ブログ界初!カバディ大会レポート記事!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:yagi-renta:20160628174205j:plain

カバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディ

 

どうも!学生ブロガーのレンタです!

 

部屋のエアコンが壊れているから暑さに頭がやられたわけではありません(エアコンの故障は本当)

 

今日はマイナースポーツなのにみんなが知ってる「カバディ」というスポーツを紹介します。

 

マイナースポーツ・カバディ

世の中にはたくさんのスポーツがあります。

サッカー、野球、バスケ…

僕は6年間バドミントンをやってました。

 

そんなみんなが知っているスポーツとは違い競技人口の少ないスポーツ…

いわゆるマイナースポーツを楽しんでみたいと前から思ってました。

 

例えばセパタクローとか

f:id:yagi-renta:20160628181332j:plain

www.stib.jp

 

パデルとか

www.proof0309.com

 

ところで僕は今早稲田の1年生で教師になるための授業を取っています。

その中には体育科目もあるんです。

 

なんの授業を取ろうかなと授業一覧を見ていると

f:id:yagi-renta:20160628182444j:plain

カバディ!?

 

えっ授業でカバディあんの?

 

名前は知ってる。漫画の銀魂でいじられたりネットでもネタスポーツとして取り上げられるやつだ…

 

だが気づいたときにはすでにカバディの授業を選択していた…

 

カバディとは

タイトルの通りインドの国技です。

これを知ってるだけで合コンとかでカバディネタを披露できるでしょう。

 

マイナースポーツのカバディが意外と知られている理由。

それは試合中にカバディカバディと発声するからです。

めちゃくちゃ奇妙なスポーツです。

そこだけが取り上げられて変に有名になってしまったのがカバディ。

 

カバディのルール

ルールもよくわからないまま行った最初の授業でいかにも大学らしくパワーポイントを使って教授がルール説明をしてくれました。

 

ざっくり言うとカバディは鬼ごっことドッヂボールを合わせたようなスポーツです!!

 

なんのことかさっぱりですよね…

説明します。

 

「カバディのルールなんてどうでもいいわい!わしゃカバディやってるとこが見たいんじゃ!」という方は読みとばしてください。

鬼ごっこ的要素

カバディは1チーム7人で2チームに分かれて戦うスポーツです。

 

攻撃(レイダーと言います)と守備(アンティと言います)を交互に行って戦います。

 

コートはこんな感じです。

f:id:yagi-renta:20160628184235g:plain

大きさはバドミントンコートより2回りくらい大きい感じ←ざっくり

 

このコートのミッドラインが2チームを分ける境界線です。

攻撃側は代表者1人を選抜し、選ばれた1人はミッドラインより向こう側の敵陣に乗り込みます。

 

じゃあ攻撃は何をすれば攻撃成功なのか。

 

ここで点の取り方を紹介します。

点の取り方は主に2種類。

  1. 攻撃が敵に触って自陣に帰ってくる(1人につき1点)
  2. 守備が攻撃を捕まえて自陣に帰らせないようにする

 

つまりポイントしては

  • 攻撃はギリギリ帰れる位置で敵に触る
  • 守備は触られないようにしながら捕まえられそうなら一気に捕まえる

ここさえ理解しておけば見る分には大丈夫です。

 

ちなみにこの攻撃の時にカバディカバディと発生します。

攻撃できる時間は発生している間だけです。

 

ドッヂボール的要素

先ほどの説明の通りカバディには主に2種類の点の取り方があるんですが点を取られた人は一時的に退場になります。

つまり

  • 攻撃に触られた守備
  • 守備に捕まった攻撃

は退場です。

 

また攻撃・守備が成功して点が入ると1点につき1人退場している選手が復活します。

 

ちなみに全滅した場合は3点(試合によっては2点)を相手チームに与えて全員復活できます。

  

ここまで覚えればもうあなたもカバディ界へ入門です。

 

もっとちゃんと知りたいという方はこちらをご覧ください。

ルール - (一社)日本カバディ協会

 

カバディ授業

上記のルールを覚えた上で楽しくカバディをたしなんでいました。

 

するとある日授業を手伝っている学生アシスタントの人が

「カバディの大会があるんだけど出ない?」

と言いました。

 

カバディの大会…

こんな楽しそうな響きのものにブロガーが反応しないわけにいくでしょうか?

 

カバディ大会当日

ということでカバディの大会にやってきました。

 

体育館の中に入るとカバディガチ勢の雰囲気が漂ってる…

f:id:yagi-renta:20160628195404j:plain

 

僕が参加するチームは灼熱カバディ愛好会。

f:id:yagi-renta:20160628200026j:plain

 

灼熱カバディっていうのは今巷で話題のカバディ漫画です。

もちろん僕は全部読んでます。

 

この日の大会は2日目で1日目にすでにかなりの試合が終わっていました。

僕は大学の授業の都合上1日目は出場できず2日目のみの参加。

この時点での灼熱カバディ愛好会の戦績は

全敗。

 

一発目から学生チャンピオンのチームに当たったらしいですww

 

さらに僕らのチームは即席チームなのでポジションとかも安定せず負けちゃったらしい。

 

カバディを観戦して思ったこと

試合前に他のチームの試合を観戦。

そして真っ先に思ったこと。

それは

カバディの声が聞こえない

 

カバディの代名詞とも言えるカバディの発生がないことにただただ驚きました。

中にはちゃんと言ってる人もいるんですがほとんどは無音。

 

気になったので同じチームの先輩に質問しました。

 

f:id:yagi-renta:20160624134635j:plain「すいません。これってカバディって言わなくていい感じですか?」

 

すると先輩は

「いや言ってるよ。よく聞いてみな」

 

いや言ってないだろと思いながら耳を澄ましてみると

ティッ…

ティッ…

 

とかすかな音。

 

f:id:yagi-renta:20160624134635j:plain こんなのでいいのかよ…

 

初めての試合

いよいよ僕たちの出番。

 

結論から言いましょう。

40対41で負けました。

 

熱戦ww

カバディ史上に残る激戦を繰り広げましたww

 

残り1分くらいの時点で34対40で負けてました。

でも先輩の必死の攻撃でなんと一挙に6点獲得!

 

どちらが勝つのかという緊張の状態でさらっと1点取られて負けましたww

 

本当に惜しかったです。

この試合を勝っていたらもう1試合できていたのに…

つまり僕のカバディの夏はたった1試合で終わりました…

 

ちなみに僕の成績はこちら。

取った点数 0点

取られた点数 1点

 

地味ww

僕のせいで負けた説は濃厚←

 

試合観戦

正直言ってカバディはやるより見るほうが楽しいです←

決勝戦の動画を取ってるので是非みてください!

 

カバディの基本の流れはこんな感じ。

youtu.be

 

足主体で攻める人もいます。

youtu.be

 

そして捕まる時はこんな感じ。

youtu.be

 

youtu.be

カバディは実はハードなスポーツです。

流血とかもよくあるらしいです。

こわっ。

 

かっこよく帰還できた時はこんな感じ!

youtu.be

 

まとめ

カバディは未知の世界すぎました…

 

マイナーすぎてカバディの大会に出る人はみんながお互いに知り合いということがわかりました笑

 

そして僕みたいな初心者にも優しかったです。

f:id:yagi-renta:20160628205033j:plain

皆さんも是非カバディを始めてみてください。

僕はもう大会には出ません。