【実体験】早大生が教えるセンター利用が超効率的な理由3選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:yagi-renta:20160921161023j:plain

僕はセンター試験で科目平均92%をとって早稲田大学に入学しました。

 

その経験から考えるとセンター利用はめちゃくちゃ効率的。

 

今回はセンター利用の紹介とそのメリットについてお話したいと思います。

 

そもそもセンター利用って?

受験生のうちのほとんどが受験する大学入試センター試験。

センター試験利用入試、通称センター利用センター試験の成績だけもしくはセンター試験の点数と個別試験の点数を合わせて合否が判定される入試方式のことです。

今回この記事で触れるのはセンター単独型の方です。

これが行われているのは私立大学で、主に国公立大学を受験する受験生が手間をかけずに滑り止めの大学を確保するためなどに受験する場合が多いです。

僕自身も国公立の滑り止めとしてセンター利用を使いました。

 

センター利用のメリット

このセンター利用、意外と利用していない人も多いし他の入試制度に比べて軽視している人が多い。

それはとてももったいない!

 

センター利用が超有能な理由、それは3つあります。

 

1.センターレベルさえ完璧にすればいい

私立大学の個別試験では重箱の隅を突っつくようなめちゃくちゃ細かい問題が出題されたりします(特に社会)。

それを覚えるためには相当な暗記が必要。

僕は早稲田には受かったものの個別試験で受験していたら受かっていなかったと思います。

なぜならそこまで深い知識を身につけていなかったから。

僕はセンター試験とセンターレベルの知識を利用して解く国立の二次試験の勉強しかしていなかったので私大にしか出ないような問題は解けませんでした。

 

ですがその分、基礎的な内容はしっかりと身につけることができていました。

そのためセンター利用で92%をとることができました。

これは運が良かったとか僕がたまたますごかったとかではなく、国立とセンターの勉強に絞ったおかげで多くの時間をセンター対策に費やすことができたからです。

 

ただでさえ多い試験範囲。

なるべく減らすためにも私大を直接受けに行くよりセンター利用を狙ったほうが効率的です。

 

2.受験しに行かなくていい

僕は実家が高知県にあります。

わざわざ飛行機に乗って大学のあるところへ向かい、前日からホテルに泊まって待機。

そして試験にも時間を使って家に帰ってきて疲れて寝てしまう…

こんな展開が目に見えていました。

 

直接受けに行けば確実にたくさんの時間を使ってしまうんですよね

こういっちゃなんですがたかが滑り止めに貴重な時間を割いてしまうのはもったいない。

滑り止めのために本命のための勉強時間が少なくなり、受かる可能性も少しずつ狭まってしまうわけですから。

しかも私大の受験期は国立受験生にとってはラストスパートの時期。

受験生はこの時期が一番伸びます!

 

この時間を有効に使うためにもセンター利用を活用しましょう!

願書を出しといて後は普通にセンター試験を受けるだけですから。

 

3.何校でも出願できる

さっきも言ったように私立大を受けると時間がかかる。

さらに1校では不安てことで何校か受け始めるともう大変です。

 

しかしセンター利用なら何校でも受けることができます。

センターで失敗しちゃったら終わりじゃないかと思う方はワンランク下のセンター利用も出願しておけばいいでしょう。

 

ですが何校も受けることによって生じてくるのがお金の問題。

一般試験の受験料はだいたい3万円前後してバカになりません。

 

けれどもセンター利用の受験料は約15000円程度!

一般試験の半分ほどの料金ですみます。

各私立のための対策本とか買うとしたらもっとお金がかかっちゃうのでいかにお得かわかりますよね。

 

以上3つの理由でセンター利用はめちゃくちゃ効率的なんです。

 

実は国立も?

センター利用は私立大学で行なわれている入試制度です。

 

ですが国公大学にも似たようなところもあります。

センターをとても重視する国立の中には9割ほど取ればほぼ合格間違いなしといったところもあります。

実際にうちの兄もそのパターンで神戸大学に合格しました。

 

またセンターの点数による推薦入試が実施されている大学もあるので調べてみましょう。

 

これらをうまく使えばほぼセンターの勉強だけで私立・国公立の有名校を狙うこともできますね!

 

まとめ

正直滑り止めをセンター利用だけにしたり、メインの受験方法をセンター利用にするというのは、「センター失敗したらもう終わりだ…」と不安に思う方もいるでしょう。

しかし受かるか受からないかわからないのは個別試験であっても同じです。

むしろセンターは対策がしやすいので個別試験を受けるよりずっといいと考えています。

 

第一志望に合格するためにもぜひセンター利用を活用してみてください!