バカらしいことをマジメに、マジメなことをバカらしく

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:yagi-renta:20160415224201j:plain

 

気楽にいこう

僕は基本的に堅苦しい雰囲気が嫌いです。

若者全般に言えることかもしれませんが。

マジメな雰囲気の場では何だかムズムズしてしまいます。

マジメにならざるをえない場合は確かに存在します。

でもそうでない場合でも大人はマジメを強要してきます。

もっと気楽にいこうよ!

僕はいつでも思ってます。

 

 バカみたいに生きよう

バカみたいにって言っても本当にバカになっちゃいけません。

まるで何も考えてないバカみたいに一つのことに没頭できる。

まるで何も考えてないみたいに思ったことを行動に移せる。

そんな人間に僕はなりたい。

 

世の中で言うと

日本では若者の投票率の低下が問題になってますね。

でもアメリカでは色々な問題があるとはいえ大統領選挙に若者も積極的に参加しています。まさにお祭り騒ぎです

日本の選挙もお祭りにしちゃえばいいんです。

誰が勝つのか。どうやって票を得るのか。若者が興味を持ちそうなゲームに仕立て上げていく。

これが僕の考えるマジメなことをバカらしく。

 

でも遊びは真剣に

遊ぶことは人間の価値観をかえたり、活気を与えたり、いつもいい影響を与えてくれます。依存しない限りは笑

自分の能力を最大限に使い、頭をフル回転させ、最高の遊びを模索していく。

遊ぼう。ずっと。

 

今の僕

僕はまだかなり固定概念や先入観に縛られています。

周りの目を気にしたり尻込みしたり、ダメダメです。

プロブロガーで成功している兄と話していると自分との圧倒的な差を痛感します。本当に自分で考えて生きている人はかっこいい。

そんな兄も上の兄との違いに悩んだことがあったらしい。でも乗り越えた。

僕も、必ず成長する。

 

読者の皆さんへ

レンタメを読んでくれている皆さんには僕の成長を見守ってほしい。

何にも縛られずアホに生きようとする僕を。

真剣に遊び続けようとする僕を。

どうかお願いします。